V・ファーレン長崎監督:手倉森誠 氏

YASUDAのスパイクに足を通す手倉森誠監督。
今回はYASUDAのアンバサダーに就任した手倉森誠さんにお話をお伺いします。

手倉森さん、よろしくお願いいたします。

Q:アンバサダーに就任するきっかけは何だったのですか?

たぶんワールドカップ終わって仕事ないから、仕事くれたんだろうなって思ってました(笑)

冗談はさておき、噂でYASUDAが復活したと聞いていたんですけどね。その後、一度話をしたいと佐藤さんから打診があって、会うだけ会ってみようかというのがきっかけでしたね。

そこで佐藤さんのYASUDAに対する想いを聞かせてもらい、YASUDAのアンバサダーになって欲しいと言っていただいたんです。

Q:アンバサダーになろうと決めたのはいつですか?

復刻すると聞いたときは、そのまま復活するだけなのかなと思っていたんですよ。
ただクラウドファンディングのスパイクを見せてもらって、ただ復活しただけではなく、進化しているなと感じたのです。
その進化を見て感心して、これだったらYASUDAが再動して動き始めても、自信を持てる商品だなと感じたので、これはアンバサダーになろうと決めたんです。

選手時代華やいだときがなくて(笑)、高校時代が一番華やいだんだけど、その時履いてたのがYASUDAだったから、それも理由のひとつですね。

Q:手倉森さんのキーワードに「進化」というものがありましたが、お手元のスパイクを見てどうですか?

懐かしさもあるし、進化もあるよね。
素材へのこだわりだけでなく履き心地も配慮して改善されているし。
このオーセンティックなデザインも、YASUDAを知らない人でもかっこいいと思ってくれるんじゃないですかね。

Q:高校時代に履かれていたということですが、YASUDAにまつわるなにか思い出はありますか?

実は高校サッカー選手権のときに、一回戦ちょっと浮気して他社のスパイクを履いたんですよ。
そしたら点取れなくて。で、2回戦からまたしっかりYASUDA履くようにしたら、そこから点取れるようになったという思い出がありますね。

Q:最後に、日本の多くのファンに向けてメッセージをお願いします。

メッセージの前にYASUDAにちなんだ話でね。
ワールドカップ終わったあとに、仕事をYASUんDAと。
で、YASUDAもこれまでただYASUんDAだけなんだと。それで再動する。
私にとっても、すべてのタイミングがYASUDAとともにはじまるんだなと感じてます。
ここからYASUDAを広めていって、Jリーガーそして日本代表の選手たちがこのスパイクに足を通して、活躍する。そしてワールドカップでも世界にYASUDAをお披露目できるようにしていければなと思ってます。

高校時代、卒業するまでYASUDAをずっと履いてサッカー界に足を踏み入れさせてもらったので、今の若い人たちにもYASUDAはその可能性を高めてくれるんだよ、というようなメッセージを伝えたいと思うし、ぜひこのスパイクを履いて多くのサッカー選手たちに活躍してもらいたいなと思います。

手倉森さん、ありがとうございました。

Feature

2019.07.19

第6回PKチャンピオンシップにブース出展します

このたび「YASUDA」は、富士通スタジアム川崎で行われる、「第6回PKチャンピオンシップ」のスポンサーとなり […]

最新ニュース記事一覧

< 一覧に戻る