最高のフィットを目指し、学生からプロ選手までの足元を支えるクオリティーに。
日本規格なので、木型(ラスト)は幅広甲高の足に合うように設計。
アウトソールの形状も緻密に設計され、グラウンドを選びません。

素材にこだわって作られたパーツを理想の形状に仕上げる確かな製造技術。
アッパーとソールは釘打ちの必要がなく、高精度に接着。
ベーシックなカラーリングを中心に、4種のスパイクと、ターフシューズがラインナップ。

Ligaresta Pro

カンガルーレザーモデル
ローバックスタイル

詳しく見る

Ligaresta Pro-ex

カンガルー&合皮
ローバックスタイル

詳しく見る

Ligaresta Pro-ex2

ハイバックでホールドUP
カンガルー&合皮

詳しく見る

Ligaresta Pro-aw

オール人工皮革
天候に左右されにくい構造

詳しく見る

Ligaresta TF

ターフシューズ
トレシュー/サルシュー

詳しく見る

Ligaresta Pro

カンガルーレザーを潤沢に使用したモデル
YASUDA伝統のデザインで、
現代のサッカーにマッチするように作られた一足。
踵の可動域が広めのローバックスタイル。

購入

最適化された木型とソール
現代サッカーのプレーに最適化された設計

日本人の足に合うサッカーシューズを作るべく設計。
ソールは素材に「TPU」、計算し尽くされた13本スタッドを採用しています。

YASUDAの代名詞「カンガルーレザー」
抜群のフィット感を実現するカンガルーレザー

アッパーフロント部分はもちろん、ヒールにもカンガルーレザーを使用することで、ストレスのないフィット感を実現しました。

複数の素材を組み合わせたインソール
プレイヤーとフィールドを繋ぐ重要パーツにもこだわり

インソールにも徹底的にこだわり、「高通気性高圧縮ウレタン」「天然革」の素材を組み合わせたYASUDA独自のものを開発。
激しいプレーに耐えうる剛性を保ちつつ、ソールが足に吸い付く感覚になっています。

天然革を組み合わせたシュータン
「カンガルーレザーを使わない」という選択

シュータンには「牛革」を選択。また、足が接触するベロ裏には、インソールにもラミネートされたものと同様の天然革を使用。高い強度だけでなく、ずれにくさと、足全体が吸い付く感覚を実現。

全体の動きを支える踵
ローバックの設計にこだわったヒール

可動域を広げるために踵はローバックスタイルを採用。ヒールライニングには滑りにくく強度の強い素材を選択し、ストレスのないプレー、パフォーマンスを約束します。

Ligaresta Pro-ex

カンガルーレザーを潤沢に使用したモデル
YASUDA伝統のデザインで、
現代のサッカーにマッチするように作られた一足。
踵の可動域が広めのローバックスタイル。

購入

人工皮革の活用で得られる最大のメリットは「コスト」
YASUDAが人工皮革をスパイクに採用する理由

カンガルーレザーの使用量を敢えて減らすことで、スパイクの製造にかかるコストを削減。価格が下がることで、プロ仕様のスパイクを多くの方が手に取れる価格帯になっています。

設計は「Ligaresta Pro」と全く同じ
木型・ソール・インソール・デザインは共通

つま先にはカンガルーレザーを、踵には人工皮革を。
使っている素材の一部が違うだけで、極力同様のパフォーマンスが実現できることを目指した設計。
プロサッカー選手も公式戦で着用するクオリティーです。

カンガルーレザーと人工皮革で剛性をアップ
ポジティブに人工皮革を活用することで得られる強さ

YASUDAが今回「人工皮革」を活用するのは、コスト面だけではありません。
「カンガルー」と「人工皮革」の良さを適所に使用することで、グラウンドコンディションに左右されにくくプレーできます。

Ligaresta Pro-ex2

ハイブリッドモデルに踵のホールドを追求したハイバックを採用
踵を高めに設計することで、ホールドにこだわったシューズ。

3/2(土)発売!!

最大の特徴は、高くなった踵
「ハイバック構造」という新たな提案

敢えて低く設計していたこれまでのシューズよりも、足首の可動域を損なわず、安定感を一層高める構造のシューズが登場。
踵が包まれたような一層の安定感を実現しています。

内部構造・素材もハイバックに合わせて調整
「踵が高くなっただけ」では決してない

それに相応しい構造と素材をチョイス。
高い踵で得られるフィットに合わせて、踵、シュータン裏、インソールには、フィット性の高いマイクロスエードを採用。
インソールも足の形に合わせた立体的な作りになっています。

いい部分は完全に継承
メリットに、新しいメリットを加えたモデル

「幅広甲高の足に合わせた日本規格」「カンガルーレザーと人工皮革の組み合わせ」「アウトソールの設計」などについてはそのまま。
「ハイバック」×「これまでのYASUDAの良さ」で、YASUDA最大の強みである、フィットに磨きがかかる一足。

Ligaresta Pro-aw

初のオール人工皮革モデルで、雨や砂などが入りにくいモデル
天候に作用されず使用可能なので天気にとらわれず使用可能。
天然素材を使用しないことで手に取りやすい価格を実現。

3/2(土)発売!!

オール人工皮革のシューズが登場
天然素材のシューズ製造の知見を基に、全面が人工皮革で作られたシューズです。

アッパーには、「マイクロファイバーポリウレタン」に「撥水加工」を加え、防水・防汚に優れた素材を採用。
人工皮革とはいえ、最新の素材なので柔らかく、フィット感も天然皮革に引けを取りません。

天候に左右されないシューズ
素材が水を通さないのはもちろん、構造にも工夫

独自の構造でシュータンとアッパーを一体化し、雨はもちろん、砂や、泥をシャットアウト。
物理的に雨や砂、泥等が入りにくいので天候やグランドコンディションへの不安が軽減できます

オールカンガルーモデルを踏襲しつつ最適化
日本人に合わせた、日本規格での設計やアウトソールはこれまでのモデルを踏襲

専用に開発されたインソールの素材には、 EVAを採用し、吸水しにくいだけでなく、足の形に合わせた造りになっているのでフィットに磨きがかかります。
当然晴れの日だって使っていただけますので、使い分けやエントリーにも。

Ligaresta TF

フットサル、フットゴルフ、トレーニングにマッチ
競技だけでなく、普段履きにも活躍してくれるシューズ。

購入

日本人の足に合わせた設計
快適に履ける「ワイドラスト」を採用

ターフシューズには、スパイクシューズと異なる木型(ラスト)を別途設計・採用しました。すっきりした外見からは想像のつかない程、足先はゆったりした造りになっています。

ターフシューズにもYASUDAらしさを
デザインはスパイクシューズを踏襲

「Ligaresta」の名にふさわしく、YASUDA伝統のデザインを採用しました。どんな環境・グラウンドでも、それぞれのYASUDAで足元を支えます。

アッパーとソールも実践的
ターフシューズにも素材へのこだわり

アッパー素材は牛革と人工皮革のコンビネーション。
フロントやベロには「牛革」を採用しています。
マルチスタッドラバーソールは、人工芝やフットサルコートはもちろん、土のグラウンドでも活躍します。

Ligaresta Pro

カンガルーレザーモデル
ローバックスタイル

詳しく見る

Ligaresta Pro-ex

カンガルー&合皮
ローバックスタイル

詳しく見る

Ligaresta Pro-ex2

ハイバックでホールドUP
カンガルー&合皮

詳しく見る

Ligaresta Pro-aw

オール人工皮革
天候に左右されにくい構造

詳しく見る

Ligaresta TF

ターフシューズ
トレシュー/サルシュー

詳しく見る

三門雄大

Yuta Mikado

フィット感が
履けば履くほどに。

とにかくフィット感が素晴らしいです。革の質もすごく良いので、履けば履くほどその良さに気づくと思います。
日本人の幅広、甲高の足には間違いなくオススメのスパイクです。

© FC.IMABARI

瓜生昂勢

Kosei Uryu

足馴染みが速く
そしてより一層馴染んでいく。

YASUDAを履いてみて馴染むスピードに驚きました。しっかりと手入れをしながら履けばより一層馴染んでいきます。ボールを蹴る時、走る時のストレスは殆ど感じません。実物はもちろん、メディアを通して見た際の落ち着いた佇まいも好感を持てます。

© VERSPAH OITA

堀米 勇輝選手(サガン鳥栖)

奈良 竜樹選手(アビスパ福岡)

翁長 聖選手(東京ヴェルディ)

松本 大輔選手(FC町田ゼルビア)

髙萩 洋次郎選手(アルビレックス新潟シンガポール)

小野 雅史選手(名古屋グランパスエイト)

宮本 航汰選手(清水エスパルス)

三門 雄大選手(FC今治)

阪本 遼太氏(ヴェルスパ大分)

小川 佳純コーチ(サガン鳥栖)

木村 祐志選手(鹿児島ユナイテッドFC)

安田 好隆コーチ(水戸ホーリーホック)

樋口 寛規選手(福島ユナイテッドFC)

平松 昇選手(FC琉球)

佐藤 楓選手(マイナビ仙台レディース)

©mynavisendai

お届けしたスパイクのサイズが合わなかった場合、
1度だけサイズ交換をしていただけます。

YASUDAのスパイクは、少し幅が広めの作りになっております。
もしもスパイクのサイズ合わせにご不安がある場合は、
YASUDAのサイズ交換サービスをご利用ください。

1932

初代スパイク

創業者、安田重春によって国内初のサッカースパイクが製造される。

1970

ジャイール

ジャイルジーニョ選手着用モデルとして発売開始。

1976

クリエイター

往年の名作、クリエイターを発売開始。

1997

ブラジリアン・スーパー

ドゥンガ選手着用モデルのトップラインとして発売。

2001

ガウチョ プログレス

クリックスヤスダ時代の名品。

2018
2019
2020

Ligaresta Pro

カンガルーレザーモデル
ローバックスタイル

詳しく見る

Ligaresta Pro-ex

カンガルー&合皮
ローバックスタイル

詳しく見る

Ligaresta Pro-ex2

ハイバックでホールドUP
カンガルー&合皮

詳しく見る

Ligaresta Pro-aw

オール人工皮革
天候に左右されにくい構造

詳しく見る

Ligaresta TF

ターフシューズ
トレシュー/サルシュー

詳しく見る