サッカーシューズのお手入れ方法

用意するもの

  • ナイロンブラシ(硬めのもの)
  • 水に濡らして固く絞ったタオル(汚れ取り用なので雑巾のようなものでも可)
  • クリーナー
  • ナイトリキッド
  • 両面起毛クロス
  • グローブ
  • ブラシ

お手入れの手順

  1. お手入れの準備
  2. ナイロンブラシでアウトソール/ブラシでアッパーの汚れを落とす
  3. 固く絞ったタオルでアッパーの汚れを落とす
  4. クリーナーで頑固な汚れを落とす
  5. リキッドで革の栄養補給をする
  6. 半日~1日陰干しをする

1.お手入れの準備


まずスパイクから、シューレース、インソールを外します。

外したシューレースは汚れているので、洗濯機等で洗うなどして乾かしておいてください。

インソールを外した際、中底に弱粘着成分がありますので、なるたけホコリ等付かない様に注意してください。

インソールを入れたままにしておくと乾きづらくなりカビの発生などの原因となります。

2.ナイロンブラシでアウトソール/ブラシでアッパーの汚れを落とす


ナイロンブラシ(硬めのもの)でアウトソールに付着した汚れを落とします。


ブラシでアッパーの汚れを落とします。
(アッパーとアウトソールの間に挟まった土や芝屑などを落とします。)

3.固く絞ったタオルでアッパーの汚れを落とす


固く絞った濡れタオルでアッパーに付着した汚れを拭き取ります。ここではブラシで取れなかった土や汚れを取り除きます。


(汚れが酷い、雨の日に使用した場合などは、シャンプーを使用して拭き取る方法でも対応可。)

ステッチに付着している取れない汚れは、指で押し上げながら詰まった汚れを落とします。

ベロ周辺に付着している汚れも、指で押し上げながら取り除いていきます。

4.クリーナーで頑固な汚れを落とす


まずクリーナーを両面起毛クロスに適量を付けます。


目で見える頑固汚れを両面起毛クロスで丁寧に落とします。エクセルライン周りなど重点的に汚れに応じクリーナーの量を調節しながら汚れを落としていきます。(クリーナーの乾燥時間は5分を目安にしてください。クリーナー直後ですと、リキッドの保革成分が浸透しにくくなります。)

5.リキッドで革の栄養補給をする


リキッドの塗りすぎに注意しながら、アッパー全体に馴染むように一度塗り込みます。


仕上げ用のグローブで、ツヤが出るまで拭き上げます。リキッドはツヤ出し効果だけでなく、保革効果もあり、革に栄養を与え革が元気になります。(リキッドの乾燥時間は10分を目安にしてください。塗布したリキッドがまだ濡れた状態ですとグローブでツヤが出にくくなります。)

6.半日~1日陰干しをする


風通しの良い日陰で半日~1日乾燥させます。


型崩れなどを防止する為、シューキーパーを入れ、形を整えると尚ベストです。

また、スパイク内もゴミを取り除くなどしてきれいにしておきます。スパイク内を不潔なまま放置しておくとカビ等が発生し劣化の恐れの原因になります。

プロが教える、サッカーシューズのお手入れ方法

ヴェルスパ大分のマネージャー兼ホペイロで、YASUDAのアンバサダーである阪本さんによる、プロが教えるお手入れ方法もぜひご覧ください。

YASUDA会員登録で、会員限定情報や最新情報をお届け

YASUDA会員登録で、会員限定情報や最新情報をお届け

Feature

2020.10.01

「本格麦焼酎 神々 × YASUDAエディションボトル」が登場

YASUDAは、このたび、株式会社LINESとコラボし、「本格麦焼酎 神々 × YASUDAエディションボトル」を共同開発いたしました。 ボトルには「YASUDA」のロゴマークを刻印し、専用の化粧箱をご用意。 日本全国の […]

最新ニュース記事一覧