(6)新シューズ誕生!

YASUDA会員登録で、会員限定情報や最新情報をお届け

YASUDA会員登録で、会員限定情報や最新情報をお届け

みなさんこんにちは!!

YASUDA、WEB担当です。

【YASUDAインサイドレビュー】

今回、6回目になりました!
よろしくおねがいします。

YASUDAインサイドレビューの開始以来、3月に発表させていただいた新しいシューズに関して、制作秘話をお話しています。

内容としては、

【1】ソールと接着
【2】金型と木型
【3】レザーなどの素材
【4】製造

こんな感じできておりまして、これまで、

・伝統的な製造方式を変更して
・シューズの型を新しくして
・素材に関しても再検討を重ねた

というお話をしてきました。

そして今回は、

【4】製造

についてです。

YASUDAインサイドレビュー第6回は、新しいシューズの誕生についてです。

前回までで色々とお話してきたように、今回、過去のYASUDAの良いところは残しながらも、

「新しいYASUDAらしいシューズ」

を作ることを心がけました。

「YASUDAらしさ」とは何なのか?

ここについては、開発の過程で改めて向き合ってきました。

それを構成する要素はたくさんあるのですが、やはり「日本人の足の形に合う」というのが、一番大切にしなければならない点でした。

やっぱり幅広の日本人の足の形に合うシューズが「YASUDAらしさ」だよね。と。

また、デザインに関しても「YASUDAらしさ」を。
懐かしい。でも、今見てもカッコいい。と言っていただけるような。

そしてもちろん、プロ選手が現場で履けるクオリティと耐久性も「YASUDAらしさ」然り。

さらには価格。

実は今回は「多くの人にとって手に取りやすい価格にしたい」という考えがあり、生産拠点を国内から海外に移しました。

海外での生産には正直不安もありました。
しかしながら、海外生産のクオリティの向上は素晴らしく、また、信頼のおけるパートナーさんのご協力があり実現することができました。

良いものを極力価格を下げて提供したい。というのも「YASUDAらしさ」であると考えています。

「大きく変わったけど、何も変わっていない」

往年のプレイヤーたちにはそんな「YASUDAらしさ」を感じて欲しい。
そして初めてYASUDAを手に取る人にもそれが伝わってほしい。

そんな風に思っています。

「YASUDAらしい」シューズが作れた理由

そんな新しいシューズを開発するにあたって、一番大きかったのは、

「YASUDAらしい」シューズを作りたい

という、私達だけでなく、力を貸していただいたパートナーの皆さんの「想い」だったように思います。

その「想い」が製造方式、木型、素材、などの変更や改善に反映されて最高の「YASUDAらしい」シューズが生まれました。

ご協力いただいた、関係各位の皆さんにはこの場をお借りして、心より御礼申し上げたいと想います。

ありがとうございました。


「最初のサンプルが届いた日、全員のテンションは激アガりでした」

いやー、しかし、本当にとっても良いものが作れましたよね!最高!

引き続きどうぞよろしくおねがいします。

ということでYASUDAインサイドレビュー、「新作シューズ製造編」いかがでしたでしょうか。

結構、踏み込んだことを包み隠さずお伝えできたかなと思っています。

ぜひ、YASUDAのスパイク履いてみてください。

詳細はこちらからぜひどうぞ!

>>>特設ページ

「共に走ろう。再び。」

ということです。

ではまた。

次回テーマはいくつか決まっていますが未定です。
またすぐにお会いしましょう。

ありがとうございました。

~記事一覧~

>> (1)新作シューズ発表しました!
>> (2)新シューズはこうして生まれたっていう話
>> (3)「復刻」のその先へ
>> (4)金型と木型を一新するということ
>> (5)カンガルーレザーとYASUDA
>> (6)新シューズ誕生!
>> (7)YASUDAのシャツを作ったので買って着てみました
>> (8)全サイズのサンプルが来たので履いてみました
>> (9)スパイクのサブスクとYASUDA創業マインドの共通点とは?
>> (10)「YASUDAサンクスマッチデー」レポート!

YASUDA会員登録で、会員限定情報や最新情報をお届け

YASUDA会員登録で、会員限定情報や最新情報をお届け

Feature

2021.06.10

YASUDA・Ligaresta (リガレスタ)シリーズに新色、Blue × Yellowが登場

この度、「YASUDA」は、Ligaresta (リガレスタ)シリーズの新色として、「Blue × Yellow」を発表いたしました。 「Blue × Yellow」のカラーリングについて 2020年に生産販売を開始した […]

最新ニュース記事一覧

< 一覧に戻る